映画 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

映画 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」を観てきました☆

この作品は、ジョン・ファヴロー製作・脚本・監督で、主演もジョン・ファブローが演じていました!
ジョン・ファブローといえば、大人気作の「アイアンマン」の監督さんです☆
監督業だけじゃなく、脚本も書いて、主演俳優もこなしちゃうんですね(・∀・)
そういえば、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でも、企業の弁護士役でちょこっと出ていたのが記憶に新しいです。

シリーズ化している「アイアンマン」は大ヒット作でしたし、
アクション大作ですので、お金もかかってそう〜。
けれども、今回の「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」は、インディーズ映画(自主制作)なのです〜。

主人公のジョン・ファブロー演じるカールは、LAのレストランで働く有名な料理人なのですが、
お店のオーナーさんには逆らえず、しぶしぶオーナーの指示に従い、
カールの意の反するメニューを提供し、それが批評家にボロクソに評されます。
その後、その批評家にカールが盛大に怒りをぶつける動画がネットで炎上してしまいますw

LAのレストランを去り、仕事を失ったカールは、元妻の故郷のマイアミに行き、
カールの息子と相棒のシェフと3人で、フードトラックでキューバサンドを各地で売りながら、LAに戻ってくるロードムービーなのですが、
この映画、めっちゃ良かったです〜〜〜(*^^)

息子役の少年がかわいかったです♡
息子はスマホを使いこなして、父を助けたり、
フードトラックでの道中で、父子は絆を取り戻したり、温かい気持ちでハッピーになれる映画でした☆

なんとな〜く、
大作も作れる監督が、インディーズ映画を撮ったことで、
監督の現実と重なるように感じました。
大作を撮るときは、プロデューサーなどからの指示で、
監督のやりたいことが出来なかったりした事が、
レストランのオーナーとシェフの関係に重なり、
やっとの思いで完成させた作品が、批評家のレビューで悲惨な結果になったりする現実が、
今回の映画と関係あるように勘ぐってしまいましたw
お金をかけずにインディーズ映画で、自分が製作・脚本・監督で、主演すれば、
小規模だけど、自分の好きなようにやれる!というのも、今回の身軽なフードトラックに重なっているように感じてw

フードトラックで作るキューバサンドが美味しそうで堪りませんでした☆
監督の包丁さばきも、一流シェフさながらの腕前でした♪

脇役で、ダスティン・ホフマンやロバート・ダウニーJr、スカーレット・ヨハンソンが登場している豪華な映画です!
スカジョとローバート・ダウニーJrはアイアンマン繋がりの2人ですね(・∀・)

後味もよく、デートに良い映画だと思います♪
ハートフルな素敵なロードムービーでした☆

c0338758_4404797.jpg

by yayoi_ap | 2015-03-12 00:07 | 映画 | Comments(0)


<< 映画「博士と彼女のセオリー」 3/10 カードセラピー&ランチ >>