映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」

映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」を観てきました☆

監督が、モルテン・ティルドウム。
史実を基にグレアム・ムーアが脚色していて、とても秀逸。
主演はベネティクト・カンバーバッチ。
ナチスドイツの暗号「エニグマ」を解いた天才数学者のイギリス人のアラン・チューリング役を演じています。
そして、キーラ・ナイトレイが、女性の天才数学者を演じています。



第二次世界大戦で劣勢だったイギリスが
ナチスドイツの暗号エニグマを解読し
それがイギリス勝利への多大な貢献をしたと言われています。
アラン・チューリングがエニグマの解読に成功したおかげで
おおよそ2年は早く戦争を終わらせたとも。


アラン・チューリングは、自閉症で天才の為、虐められた少年期を送った後、
国家の秘密チームで暗号を解読し
けれども、解読したことは戦略的に秘密にし
そして終戦を迎え
その後もエニグマを解読したことや
チームの存在も全て無かったことにしろ。と
国から指示をされ
同性愛者の無理解から、不遇な人生を送り
没後50年が経ってから
やっと やっと
アラン・チューリングの貢献によるエニグマの解読を国家が公表し
随分と時がたってから、
名誉が回復されたチューリングの人物像を描いています。

暗号を解く装置に「クリストファー」と、命名したエピソードにホロっとしました..
(/_;)

キーラ・ナイトレイが、理解ある提案をしても、
素直に受けることができない心のうちや、
エニグマを解読してもすぐに公表できないジレンマも、
チューリングにとって
とても生き難い時代だったと思います。

エニグマを解くきっかけが
たわいもない会話がヒントになったことにも驚きましたが、
そういった解読に直接関係の無い出来事から、
解読の道が開けたり、
人とコミュニケーションを取ったことで
新たな発想に気がつくところが良かったです。

解読する機械も
人間と同じように
いろいろインプットして教えていき
育てていって
やっと大人になり
人工知能として活躍できるようになることを気づいたのです。
コンピューターもまだ発明されてない時代なのに!

天才を描いた映画、大好きです♡

人と違うから
苦悩を味わい..

でも
人と違うから
エニグマを解読。

戦争を早く終結させ
結果、多くの人を救うことが出来た。

今のコンピューターの原型を作ったアラン・チューリング。
この貢献度は素晴らしいのに、
当時は国家機密にされていて
その事実を封印され
報われなかったのがもどかしいです。

彼の気の毒すぎる生涯に心を痛めました...。
とてつもない孤独さも感じました。
あんなに偉業を成し遂げても
時代が同性愛者を許さなかったのですね...。

出演者、みんな良かったです☆
苦悩して憔悴してるカンバーバッチ、良かったです(*^^)

c0338758_17003127.jpg








by yayoi_ap | 2015-03-29 17:36 | 映画 | Comments(0)


<< 3/31 カードセラピー開催中☆ 2015.4月 カードセラピー日程☆ >>