映画「沈黙-サイレンス」を観てきた☆

久しぶりに映画のレビューを書いてみます♪
この時期は観たい映画が多すぎで、時間をみつけては映画館に通っています。


「沈黙-サイレンス」を観てきました☆
巨匠マーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作の「沈黙」を映画化したものです。
この映画にはオーディションで合格した日本人キャストが多くでていて、
スコセッシ映画に日本人がたくさん出演してるなんて感激でしたー☆


あらすじは、ざっくりすぎですが、
江戸時代初期のキリシタン弾圧の中、奉行はキリシタンを制圧するために、
村人に踏み絵を迫るが、強い信仰心を持つ村人達はそれを拒否する。
その後は拷問が待っている。
きつい拷問、そして、その末に死が待っていても、神はその惨劇が起こっていても、
沈黙のままだ。
強い信仰心を持っていても、神は助けてくれないのか?
神は存在するのか...?
なぜ、沈黙のままなのか...?


日本は仏教の国。
異教徒のキリシタンを排除するための踏み絵を行うとき、
「足をかすめるだけでもいい」と、形だけでも踏み絵をしろ!と、
迫っていた。
これは、異教徒の存在は認めるけれど、公では言うな。
格好だけでも日本にいるなら仏教徒と名乗って、形だけの踏み絵も行え。と
言っているように感じた。
時と場合で使い分けろということだ。
しかし、頑なに拒否するキリシタンの村人達。
その中で、キチジローだけは、強い信仰心を持ちながら、踏み絵をし、
懺悔をし、人を裏切り、懺悔をし、生き延びていく。

宣教師も、想像を絶するようなきつい拷問を受け、棄教を選ぶ。
しかし、心の中までは棄教したのかわかるものはいない。


一見、卑怯者に見える行動も、裏切り者に見える行動も、
それって、人間の弱さだし、きれい事ばかりできるわけじゃないし、
気持ちだって揺らぐものだし、
異教徒で排除したくても、本心は拷問なんてしたくないし、
形だけでも従えと寛容な心もあるし、
でも、きつい拷問しちゃうし、
自分の信じるものを貫き、その姿を見せ、
無言でメッセージを残す美しさもあるし、
でも、生きてナンボだし、、、
書き出したら止まらなくなるほどたくさん思うことのある映画でした。
笑うところはない重い映画で、上映時間が長めの映画なのが辛いところでしたw


何年にも渡るオーディションをくぐり抜けてきたキャストの面々。
みーーーんな凄かった!
窪塚洋介のキチジローっぷりはすごく良くて、
見ていてちょっと嫌になる言動も、弱さと人間臭さがでていたし、
自分がその立場になったらキチジローの選択をするかもしれない心の揺れに
共感ができたし、その揺れだって悪いことじゃないし、
また信仰心の強いモキチの塚本晋也もグっときた。
そして、井上筑後守を演じたイッセー尾形の演技は一癖ある雰囲気が醸し出ていて
すごかったです。
日本人キャストに注目してしまいましたが、
もっちろん主演を演じたアンドリュー・ガーフィールドも素晴らしかったです。

c0338758_13192317.jpeg
c0338758_13192634.jpeg












by yayoi_ap | 2017-01-30 13:30 | 映画 | Comments(2)
Commented by desire_san at 2017-02-13 09:14
私も映画『沈黙-サイエンス』を見てきましたので、詳しい鑑賞レポートを読ませていただき、映画『沈黙-サイエンス』の感動が甦ってきました。この映画ではポルトガル人宣教師の目を通し、信ずること、疑うこと、葛藤、懐疑心と、人間の弱さ、信ずることの意味、人間撮って大切なものは何か、生きることの意味は何かについてじっくりと描いて、色々考えさせられました。江戸時代のキリスタン弾圧の時代を、キリスタンのみならず弾圧する側の井上筑後守や通辞など侍たちも飲み込んでいく巨大な蟻地獄のように描いているように感じました。

私も『沈黙-サイエンス』を観て、この映画の魅力と現代人はこの映画から何を学べるのかを整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。




Commented by yayoi_ap at 2017-02-18 23:31
desire_san様
拙い感想にコメントを入れて頂き有難うございました☆
desire_san様のブログも拝見させて頂きました。
とても丁寧に解説&感想を書かれていてすごいです!

「沈黙」は、人間の強さや弱さが描かれていて面白かったです☆
それぞれの人の生き方の美学というか、
何を一番に優先するか?で、命を落としたり、
本当の気持ちを偽って生き延びたり、まさに命がけの選択に
胸が痛くなりました。
時代によって、何が正解で何が間違いか、変化したりするし、
こういった隠れキリシタンへの弾圧の時代を経て、今の信教の自由があるんですね。
「沈黙」の小説も読んでいましたが、映像で観ることもできて、しかも監督がスコセッシでとても良かったです☆


<< 2017年4月のカードセラピー... 2017年2月・3月のカードセ... >>